インフォメーション

ものづくり企業におけるデジタル技術の活用と人材育成に向けた取り組みなどを紹介/20年度版ものづくり白書

2021年06月02日
人材事業部

政府は5月28日
2020年度版「ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)
を閣議決定しました。

国内の製造業就業者数は、2002年から2020年にかけての約20年間で157万人減少し、
全産業に占める割合も減少傾向であるとしています。
若年就業者数も約20年間で3割以上(125万人)減少した模様。

また、ものづくり企業でデジタル技術を「活用している」
とした企業は54.0%、主力製品の製造に当たり重要となる作業の5年後の見通しについて、
「今までどおり熟練技能が必要」と回答した企業割合が多く、作業内容で50%を超えていることなどが分かったようです。

更に詳しくはこちらでご覧いただけます。