インフォメーション

令和4年版「男女共同参画白書」(内閣府男女共同参画局)

2022年06月20日
人材事業部

家族の姿が変化しているにもかかわらず、男女間の賃金格差や働き方等の慣行、人々の意識、さまざまな政策や制度等が、依然として戦後の高度成長期、昭和時代のままとなっていることが指摘されています。

詳しくはこちらでご覧いただけます。