インフォメーション

2021年「社会生活基本調査」結果(総務省)

2022年09月06日
人材事業部

総務省より、2021年「社会生活基本調査」結果が公表されました。

生活時間の指定日が平日で仕事があった日(出張・研修などの日を除く。)の有業者のうち、その日にテレワーク(在宅勤務)をしていた人は全体の6.7%

テレワークにより通勤時間が減少する一方で、25~34 歳では睡眠、趣味・娯楽、35~44 歳では育児、45~54 歳では睡眠、食事の時間がそれぞれ長くなっています。

詳しくはこちらでご覧いただけます。